年末のご挨拶

早いもので、今年も残り僅かになりました。
この土日を利用して、事務所から出す全ての年賀状にその人を思い描きながら一筆を書き込みました。
時間は掛かりましたが、1年を振り返る良い機会になりました。

この一年も我々を取り巻く世の中の状況は、決して楽観的なものではありませんでした。

そんな厳しさの中にも、新たな『出会い』や施主と共有した感動、現場の人たちとの時には緊迫したやり取りの中から作り上げた時の喜びなど、たくさんの素晴らしい出来事がありました。

考えなければならない新たな視点もたくさん出て来たと思います。
大きな視点では、地球温暖化をはじめとする環境の事、老人や障害のある人たちなどさまざまな人たちのコミュニケーションの場を作る事、また日常の視点ではこの経済状況の中でいかにコストと表現の高い次元でのバランスを実現するかなど、我々が考えなければならない事はたくさんあります。
建築やその他の手段を通じて出来る事は何なのか…
こんな時代だからこそ“夢‘’というキーワードが大切に感じます。
まずは自分の身近な事からやって行ければと思っています。

来年も積極的に動く事の中からさまざまな新たな『出会い』と『発見』をして行きたいと思っています。
また、周りの人たちとのつながりの中からいろいろな試みにも挑戦して行けたらと考えています。
ブログももう少しマメに書きたいと思います。

今年も、本当にありがとうございました。
スタッフ共々精一杯やって行きますので、来年も引き続きよろしくお願い致します。
       
                                     平野智司、スタッフ一同より

コメントをどうぞ