『葛飾区集合住宅』2

先日鉄骨製品検査へ行った現場で、建て方工事が行われました。
建て方工事が行われると、建物のボリュームが分かるようになります。
図面を描きながら想像していたよりもかなり大きく感じます。

工場で造られた鉄骨が現場で狂い無く組まれており、
写真に映る丸い穴は、設備用のダクトが通る為のスリーブです。


スリーブの穴は、前もって鉄骨梁の強度に影響が無いように計算された大きさになっています。

(Staff E・H)

コメントをどうぞ