横浜の住宅を拝見して…

計画工房で数年間一緒に仕事をし、今は独立して設計活動をしているTさんから見学会のお知らせがきました。
新横浜の高台に建つ、眺望を望む事に特化した住宅が竣工したとの説明がついておりました。
是非拝見したいと思い、1月30日(土)の夕方にお邪魔しました。
新横浜の夜景を望む高台が敷地で、その環境を最大限に活かした空間づくりと言う事で、タテ方向の空間構成にいろいろな工夫を凝らした住宅になっていました。
眺望を望む最上階のレベルに至るまでにいくつものレベルが存在し中央の階段がそれらの床をスムーズにつなぐ構成となっていました。cimg4930-e381aee382b3e38394e383bc1
建て主さんとも話をする事ができ、気持ちよく進める事ができた様子で、これからの生活をとても楽しみにしているのが伝わってきました。
私自身も日頃、信頼関係の構築が設計を進める上で最も重要だと考えていますので、建て主さんとTさんの関係を自分の事の様に嬉しく感じました。
信頼関係を築き、お互いの思いを語り合う中から現れてくるものが目指すべき方向だと改めて思いました。
まさに、共同作業の産物といえます。
事務所から独立した人たちが頑張っているのを見るのは、嬉しい事ですし、刺激も頂いています。

私も、これからますます感動を共有できる仕事をして行きたいと思います。

とても楽しい生活が想像できる住宅でした。(S.H)

コメントをどうぞ