小説と映画の表現のずれ

先日、息子から父の日に小説をプレゼントされました。
少ないお小遣いの中からブックオフで買って来てくれました。
その小説は、『デジャブ』という、2006年にデンゼル・ワシントン主演で映画化されたものの原作です。
私はその映画を見ていませんでしたので、せっかくなので読んでみました。
結構楽しく読み進む事ができましたので、読みながら自分が描いたイメージと映画の映像の違いを確認したくなり、週末にレンタルビデオを借りて来ました。
小説では、かなり細かくディテールが描写されていますが、映画では一定の時間の中での表現のため少しディテールの甘くなってしまう印象がありました。
この体験はとても興味深い体験でした。
是非、別の作品で同じ事をしてみようと思っています。
建築を構築する時にも通じるものがある様に思いました。
このような体験を既にされている方も多いと思いますので、お話を聞かせて頂ければと思います。(S.H)

コメントをどうぞ