2009 年 10 月 のアーカイブ

竣工しました

2009 年 10 月 28 日 水曜日

H邸
東京都足立区に建つ住宅です。
母屋は少し前に完成していたのですが、このたび2期工事のガレージまで完了し竣工写真が出来ましたのでご報告します。
1階をRC(杉板型枠コンクリート)、2階を木造で作りました。
計画工房では秋田で取り組んだお蕎麦屋さん以来の本格的に『木』をテーマとした建物です。
天井はあえて貼らず野地板や梁を表しで綺麗に見せ、一部の梁には以前建っていた倉で使われていた丸太を再利用しています。
『木』はとても奥が深く、取り組むほどにそのおもしろさと難しさを改めて再認識いたしました。
正式には近々ホームページの方にアップしていきたいと思います。
(stuff・R・M)

e7b6bee780ace78e84e996a20134

e7b6bee780ace99a8ee6aeb50144e7b6bee780ac2e99a8e0152

自宅屋上の塗装で気付いた事

2009 年 10 月 6 日 火曜日

先日、ずっと気に掛かっていた自宅屋上の塗装を行いました。
9月22、23日の連休を使い、気持ちを奮い立たせて実行しました。
何年か前に、さび落しをし、さび止め塗装をしましたが、作業途中のまま時間だけが過ぎてしまっていたも
のです。
近くのホームセンターで、足りない道具等を買いそろえ、作業に入りました。
二日間もあれば終了すると、高をくくっておりましたが、いざ作業をはじめてみると、さびを落すのに四苦
八苦し、なかなか塗装の工程に入る事ができません。
けれんをかけ、何種類ものサンドペーパーで擦り、場所によっては電動の機械を使い、下地を調整しました。
この段階で、自分の考えた段取りの甘さにやっと気付きました。
とても二日で出来るものではない事を理解しました。
この二日で出来る範囲を決めて、作業をする事に方針変更しました。
仕事柄、このような作業は嫌いではありませんが、さび落しにはたいへん手こずりました。
しばらく作業を続け、やっと下地調整した部分の塗装に入りました。
手摺は、スチールのフラットバーで出来ているため、裏側を塗るのに多少苦労しましたが、塗装そのものは
スムーズに進みました。
次の週末にまた少し進めました。
どうせ素人仕事だからと、今回は安い刷毛を買ってきました。
いざ作業を開始した途端、安い刷毛を買った事を後悔しました。
塗っているそばから、毛が抜け塗装面に付着して奇麗に仕上がりません。
今更ながら、道具は良い物を揃えた方が、良い仕事が気持ちよく出来ることを思い知らされました。
プロの塗装業者さんに頼めば、段取りよく、奇麗な仕上がりになる事は
分っていますが、自分でやってみて気付くのも悪くないと思いました。
普段我々が、現場で何気なく接している職人さん達の仕事の“すごさ”をつくづく感じました。
ところで、屋上の手摺は、まだ6割程度の完成状況です。
また、時間だけが過ぎて行かないようにしたいと思います。
ここまでの作業の成果を載せておきます。(S.H)

cimg46071cimg4606