2017 年 10 月 のアーカイブ

『講演会報告』(講師:青山学院大学陸上競技部監督 原 晋氏)

2017 年 10 月 27 日 金曜日

10月24日火曜日に、私が長く懇意にして頂いております建設会社の創立55周年記念式典に出席させて頂きました。
帝国ホテル「孔雀の間」で数百名のお客様を招いて盛大に開催されました。

第一部は、「魔法をかける 箱根駅伝制覇までの4000日間」と題して青山学院大学陸上競技部監督の原晋さんの講演会がありました。
以前は箱根駅伝の予選会にも通過出来ない弱小チームを箱根駅伝優勝に導いた、組織づくりについてのお話でした。
監督ご自身も、箱根駅伝の出場経験も監督の経験も無い中で、試行錯誤しながらのチームづくりだったそうです。
そんな、講演の中で、印象に残った言葉がありました。
『人間の能力に大きな差はない。あるとすれば熱意の差だ。』という一説です。
この言葉は、監督がチームづくりの中で実感された強い思いだったように感じました。
ほかにも、たくさんの話しがありましたが、成長するための10の秘訣という話しがありましたので、私の理解の範囲で記述してみます。
1)30年先の自分をイメージする。
2)半歩先の目標を設定する。
3)出来るための方法を考える。
4)本気だからこそ悔しい気持ちになる。
5)人に話しをする事、自ら提案する事。
6)大義をかかげ、三割の見込みがあればやってみる。
7)個人と組織の関係のなかで動く。
8)一体感を持たせる。
9)怒るよりアドヴァイスをする。
10)最後はなんとかなる、と考える。
以上の要約です。
少々不明確な部分がありますので、もっと明確に理解したい方は、原監督の本が出ているそうなので、そちらを読んでみて下さい。
なかなか、刺激的な講演会でした。

第二部は、食事の後、郷ひろみが登場してのショーがありました。
いろいろな方とお話をする機会もあり、盛況な式典でした。
ありがとうございました。(S.H)

『ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラ』

2017 年 10 月 18 日 水曜日

20171018185823158_0001

もう一本は、14日(土)のこの映画のロードショー初日に見に行きました。
昨年、上野の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録された事も有り、憶えておられる方も多いと思いますが、近代建築の巨匠「ル・コルビュジェ」と彼が唯一その才能に嫉妬したと言われている女流デザイナーで建築家の「アイリーン・グレイ」の人間ドラマです。
「アイリーン・グレイ」は家具デザイナーとしての側面の方が有名ですが、この映画の舞台となっているヴィラは、彼女の建築デビュー作です。
私達は、普段コルビュジェの作品やアイリーン・グレイの作品を見る機会は有りますが、その裏側の「ものづくり人」としての心の揺れ動きまで見る機会はなかなか無いので、たいへん興味深く見る事ができました。
この映画も、先日このブログで触れたコルビュジェの『アジール・フロッタン展』から間が無かったので、とても新鮮でした。
興味が有る方は、是非見て下さい。(S.H)

『エルネスト もう一人のゲバラ』

2017 年 10 月 18 日 水曜日

IMG_4459

先週の週末、金曜日と土曜日に一本ずつ、見たかった映画に行って来ました。
金曜日は最終上映時間でしたが、オダギリジョー主演の『エルネスト もう一人のゲバラ』です。
チェ・ゲバラとともにボリビア革命のために戦った、若き日系ボリビア人医学生の話しです。
ゲバラからエルネストという革命のための名前を貰った熱き男の実話で、この戦いで、ゲバラとともに散りました。
オダギリジョーがこの映画のためにスペイン語をマスターし、たいへん好演しています。
先日このブログにも書きました『写真家チェ・ゲバラが見た世界』を見ていたので、一層興味深く見る事が出来ました。(S.H)

『幻冬舎ゴールドオンライン』

2017 年 10 月 3 日 火曜日

幻冬舎のゴールドオンラインというwebサイトに、私の対談記事が掲載されました。是非覗いてみて下さい。(S.H)

詳細はこちら→幻冬舎ゴールドオンライン