2012 年 12 月 のアーカイブ

年末のご挨拶(2012年)

2012 年 12 月 31 日 月曜日

今年も今日で最後の一日となりました。
おかげさまで、とても忙しい一年でした。
ただ、まだ世の中の状況があまり良くないので、少しプロジェクトの動きも鈍かった感じが強く残った一年でした。
暮れから少し来年に向けての良い兆しも見えてきていますので、スタッフ共々来年は、もっと良い年にしたいと思っています。

個人的には、闘病中だった私(平野)の母が12月1日に80年の生涯を閉じるという出来事がありました。
悲しむ間も無く、年老いた父といろいろな手続きに追われた年末になりました。
来年、じわっと実感が湧いて来るのでしょうか…

皆様のおかげで、計画工房も厳しい一年を乗り越える事ができました。
たいへんありがとうございました。
また、来年は様々な新たな出会いが楽しみです。
良い新年をお迎え下さい。(平野智司、スタッフ一同)

『足立・S-House』1

2012 年 12 月 27 日 木曜日

足立区でもう一棟設計をしました木造2階建ての一戸建て住宅の基礎が出来上がりました。南北それぞれにデッキのある住宅です。基礎が出来上がると建物の大きさが良く解るようになります。

基礎の型枠から飛び出ているのは基礎と土台をとめる為のアンカーボルトと、基礎と柱をとめるホールダン金物用のボルトです。

来年から本格的に工事が始まる予定です。

(Staff E・H)

足立・K-House 5

2012 年 12 月 27 日 木曜日

R階の配筋検査の様子です。
勾配屋根なので少し勾配がついています。今回屋上利用はないですが、3階建てなので眺めが非常によく晴れた日には富士山も見えます。

写真だと少し分かりにくいですが、耐力の大きなスラブの端と少ないスラブの中央部で配筋間隔が異なっている特長的な構造設計になっています。

(Staff E・H)

『葛飾区集合住宅』2

2012 年 12 月 25 日 火曜日

先日鉄骨製品検査へ行った現場で、建て方工事が行われました。
建て方工事が行われると、建物のボリュームが分かるようになります。
図面を描きながら想像していたよりもかなり大きく感じます。

工場で造られた鉄骨が現場で狂い無く組まれており、
写真に映る丸い穴は、設備用のダクトが通る為のスリーブです。


スリーブの穴は、前もって鉄骨梁の強度に影響が無いように計算された大きさになっています。

(Staff E・H)

Billboard LIVE 『The Stylistics』

2012 年 12 月 25 日 火曜日

二人の娘からのクリスマスプレゼントとして、東京ミッドタウンのビルボードライブ東京に招待して貰いました。
コンサートが始まる前の会場の風景です。


私達夫婦と娘たちの4人で、12月22日(土)18時から『スタイリスティックス』のコンサートを楽しみました。
軽食と飲み物付きのリラックスした楽しい雰囲気で、あっと言う間に時間が過ぎました。
スタイリスティックスは、結成から40年以上経過しているにも関わらず相変わらず歌唱力抜群の聞き応えのあるコンサートでした。
メンバーは入れ替わっているようですが、変わらぬスタイルを貫いていて、それはひとつの形として今もとても魅力的に感じました。
本物なんだと思います。
懐かしさもあり、また自分の20代に全盛だった歌を娘たちと一緒に楽しんでいるという不思議感覚もあり、面白い時間を過ごす事が出来ました。

娘がコンサートの間に書いたイラストも載せておきます。

夫婦で子供達に感謝です。(S.H)

『葛飾区集合住宅』1

2012 年 12 月 20 日 木曜日

葛飾で計画した鉄骨造3階建て集合住宅の鉄骨製品検査の為、埼玉スタジアム近くにある鉄骨工場へ行きました。

鉄骨製品検査では、現場へ納品される前に設計基準を満たした材質であるか,溶接が良好であるか,設計寸法通りに出来ているかを確認する検査です。工場には、現場へ納品される鉄骨が並べられています。

下の写真は、目視では発見出来ない溶接不良がないかを確認する為に超音波をあてている写真です。

勿論ですが、鉄骨の部材は設計通りきっちりと仕上っていました。予定通り今年中に建て方が完了出来そうです。

(staff E・H)

『綾瀬の共同住宅2』現場状況

2012 年 12 月 17 日 月曜日

本日仕上げ関係の打合せがあり、帰りに現場の進捗を覗いてきました。
現在は最上階(3階)の鉄筋型枠工事に着手しており、とても順調に工程が進んでおります。

寒いなか、年内上棟へ向けて職人さん達が頑張ってくれていました。 
(staff R・M)